インターネットサービスには種類がある!違いを知って最適なサービスを選ぼう

私達が普段利用しているインターネットサービスには、大きく分けて線を利用して接続する「有線接続」と電波を利用して接続する「無線接続」があります。

 

お家の中ではWi-Fi等の無線を利用している方も、元をたどれば「有線接続」でインターネットにつながっている方が多いと思います。

 

4つに分けられるインターネットのサービス形態

電話回線(ADSL等)

 

NTT西日本・NTT東日本等が提供する電話の利用を目的とした回線。

 

この電話回線を利用して、インターネットを行う方法です。

 

メリット

 

・ほどんどの地域で利用ができ、ほとんどの居住環境でも電話回線が整っている為、大掛かりな工事が不要です。

 

デメリット

 

・NTTの局舎から離れていると、インターネットの速度に影響がかなりある。

 

・固定電話を利用しない場合でも、電話の基本料金は必要。

 

CATV回線(光ハイブリッド)

 

地域のケーブルテレビ局が、テレビのサービスを提供する目的とした光ファイバーと同軸ケーブルを組み合わせた回線。

 

この回線を利用して、インターネットを行う方法です。

 

メリット

 

・局舎から離れていても速度に影響が少ない。

 

・ケーブルテレビに加入している場合はセットプラン等で比較的安く利用できる場合が多い。

 

・地域密着企業が提供している場合が多いので、他社よりも比較的トラブル等の対応が速い場合が多い。

 

デメリット

 

・ケーブルテレビに加入していないと比較的に初期費用が多くかかる場合が多い。

 

光ファイバー

 

インターネットサービスの提供を目的とした回線。

 

インターネットの利用には最も適している為、NTT以外にもCATV会社や電力系の会社等もこの回線を利用して提供する企業が増えてきている。

 

最近できた「光コラボレーションモデル」のサービスもこの光ファイバーを利用したインターネットサービスです。

 

「光コラボレーションモデル」については詳しくはコチラで詳しく解説していますので、興味がある方はぜひ読んでみてください!

 

メリット

 

・局舎から離れていても速度に影響はなく、速度が1番速く安定している。

 

・この回線を使い、安定した電話サービスや映像配信サービスも提供できる。

 

デメリット

 

・初めて光ファイバーを契約する場合は、入線工事等が必要な場合が多い。

 

モバイルインターネット

 

携帯電話と同様、移動体通信を利用した回線。

 

メリット

 

・工事が不要ですぐインターネットの利用ができる。

 

・持ち運びができ、外でインターネットもできる。

 

デメリット

 

・携帯電話と同様、圏外があり、電波状況が悪い場所では不安定。