お役立ち情報

無線LAN(Wi-Fi)の規格の違い

無線の規格の違い

 

家でインターネットをされている方は家で無線を使われている方も多くないでしょうか。

 

少し前まではインターネットをする機器といえばパソコンだったものが、今ではスマートフォンやタブレットでインターネットをする方やテレビがインターネットにつながっていお家もあると思います。

 

それに伴い、無線LAN( Wi-Fi )でインターネットにつなげる人も非常に多くなりました。

 

今回は、日ごろ使っている無線LAN( Wi-Fi )の電波の規格の違いや特徴について少し紹介します。

 

a・b・g・n・ac の5つの規格

 

無線LANには周波数の帯域や特徴の違いから5つの規格が利用され、下記まとめました。

 

名称未設定-1

 

 

 

 

 

 

2.4GHz帯と5GHz帯

 

無線LANは規格によって周波数が異なり、2.4GHz帯は障害物には強いが、電子レンジやBluetoothなどのノイズの影響を受けやすいという特徴があります。

 

5GHz帯は、同じ周波数帯を使用している機器が少ないため、電波干渉が少なくスムーズですが、障害物には弱いという特徴があります。

 

メーカーが販売している無線LAN機器によりますが、11nや11acは2.4GHz帯と5GHz帯の使い分けが可能です。

 

その特徴を活かし、無線LAN機器の近くで使用する場合や無線LAN機器とデバイズ(PCやスマートフォン等)の間に障害物がない場合は5GHz帯を利用した方が速度は速いです。

 

特に映像配信を楽しむなら5GHz帯を利用するのがオススメです。

 

一方で無線LAN機器を設置している部屋と距離が離れている場合は2.4GHz帯を使用する方が安定する場合が多いです。

 

まとめ

 

販売されている製品によっては2.4GHz帯と5GHz帯を同時に使用することができる機器もありますのでPC・スマートフォン・タブレット・ゲーム等の複数デバイスでインターネットをする場合はデバイスによって使用する帯域を変えることをオススメします。