節約

フレッツ光をお使いの方必見!!光コラボに乗り換えて超節約!

フレッツ光から光コラボに乗り換えてインターネット料金を安くする

こんにちは!今日はご自宅や会社でNTTのフレッツ光のインターネットサービス使っている方へ節約する方法をお伝えいたします。

2015年の2月に始まった「光コラボレーションモデル」というサービスがあります。
このサービスはNTT以外の会社がNTTの「フレッツ光」の設備を借りてユーザーへ
提供するサービスです。
現在では300社以上の会社がこの「光コラボレーションモデル」を事業として展開しています。

光コラボレーションモデルの特徴は?

  • 設備はNTTのままなのでインターネット品質はフレッツ光と全く同じ
    インターネット料金が各会社によって変わる
    各会社の独自サービスが追加される

どんな会社が「光コラボレーションモデル」を展開しているか?

大手携帯会社

NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンク

大手パソコンメーカー

ソニー(so-net)、富士通(@nifty)、NEC(ビッグローブ)

家電量販店

ビックカメラ、EDION

その他

ビデオレンタル TSUTAYA
ホームセキュリティ ALSOK

「フレッツ光」を使われている方がこの「光コラボレーションモデル」
を利用するメリットは?

携帯電話会社やオンライン映像サービスを提供している会社などさまざまな企業がこの光コラボレーションモデルを展開しているので、普段それらのサービスを利用している方はインターネットをセットで契約することで割引が受けられたり、お得な料金で他のサービスが使えたり、お支払いをひとつにまとめられるのでとても便利なんです!

いくつか例をあげると

NTTドコモの「ドコモ光」
NTTドコモの携帯をお持ちの方は500円~3200円の割引き!

ソフトバンクの「ソフトバンク光」
ソフトバンクの携帯をお持ちの方は1台につき500円~200円の割引き!

KDDI(au)と提携している@niftyやソネットの「@nifty光」や「so-net光」
auの携帯をお持ちの方は500円~1200円の割引

TSUTAYAの「TSUTAYA光」
動画の見放題が無料!
映画や動画をよく見る方には嬉しい特典です。

「光コラボレーションモデル」に変えるためには

フレッツ光からお乗り換えの場合、「転用」という手続きが必要になります。

転用には、NTTから「転用承諾番号」を発行してもらい、乗り換え先の光コラボレーションモデル事業者に通知する必要があります。

転用を行うと自動的に乗り換えが完了しているので、煩わしい解約手続きは必要ありません。

「フレッツ光」を利用している方が気になる事

「フレッツ光」解約金は?

→「フレッツ光」を「光コラボレーションモデル」に変えるのは「解約」にはならないようですので解約金は一切発生しません。

工事が必要なのでは?

→設備はNTTの「フレッツ光」のままなので工事や宅内の機械(モデム)もそのままで工事は不要です。 ※一部宅内の機械(モデム)の交換が必要な場合あり

まとめ

「光コラボレーションモデル」に変えるために「転用承諾番号」の取得や申込み等で少
し手間はかかるものの、それを乗り越えればメリットはたくさんありそうです。

どうせ毎月お家のインターネットでお金を払うなら割引や追加のサービスを利用できた方
がお得なので皆さんも一番ご自分にあった最適なサービスを見つけてみてください。